読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お散歩日和

中の人は引きこもりがち。が、御朱印集めと刀剣鑑賞に目覚めてお出かけするように。

【刀剣】ほうき星宗近

人生初の刀剣鑑賞は個人蔵の短刀【ほうき星宗近】でした。

ほうき星宗近は源義経の守刀【今剣】ではないか、と一部で話題になりました。

 

初めての刀剣鑑賞でどこをどう見ていいのかよく分からず「ふおおおおお…日本刀だ…本物だ…」と興奮して観ました。

 

f:id:Yagen:20170318220058j:image

 

f:id:Yagen:20170318220132j:image

あ、中は竹光…(笑)

f:id:Yagen:20170319045114j:image

鋒(きっさき)の刃文がほうき星(落ちてくる彗星)のように尾を引いているからほうき星、と所有者が号(刀剣の名前のようなもの)をつけたそうです。

素敵な号だな〜!(*^^*)

f:id:Yagen:20170318220230j:image

が、後々独学で勉強していくとこれは三条宗近の作ではやっぱりないなー、と思うようになりました。

三条宗近は五箇伝で言うところの山城伝なので直刃か小乱れの直刃になるはずですが、こちらのほうき星はのたれの刃文でした。平安後期~鎌倉初期にかけての作にしては作為的な刃文なのが、らしくない。

 

 

 ても、良い経験でした。

今度はじっくり見てみたい。